不妊治療のタイミング療法とは

妊娠しない場合には不妊治療を行うのが普通のことですが、その際にどういった治療を行うのか不安に感じる夫婦も多いのではないでしょうか。

不妊治療というと特別なことをやりそうに感じますが、最初はタイミング療法という基本的な方法で不妊治療を行います。

受精する確率を高めるためには、排卵期に性交することが必須です。

一般検査で問題が見つからなかった場合、まずは正確な排卵日を知り、自然妊娠のチャンスを増やしていこうという治療方法です。

排卵日を正確に予測し、性交を行い、自然に妊娠する確率を上げるのが医師によるタイミング両方になります。

ただこういったタイミング療法を行った場合でも妊娠しないような場合には排卵誘発剤を併用することもあります。

排卵誘発剤を使うことで複数の卵子を排卵させ、受精する確率を上げる方法です。卵子がたくさん排卵され受精すれば、多胎妊娠の可能性が高くなります。

こういったタイミング療法を6?8カ月行っても妊娠にいたらない場合は、人工授精へと進みます。

不妊治療で悩んでいる人は多いですが、しっかりと継続的に取り組むことによって着実に成果へと繋がってくると思うので、ストレスのない範囲内で気軽に取り組んでみてはどうでしょうか。男性不妊

不妊治療のタイミング療法とは