連帯保証人による借金の返済方法とは

連帯保証人になってしまって他人の借金を肩代わりすることになったというケースは珍しいことではないです。

ドラマなどでもよくやっているので知っている人もいるかと思いますが、連帯保証人になってしまって、借金した当事者が逃げてしまったので自分のところに取立てが来たということは普通にありえることです。

連帯保証人って結構責任が重いので安易になると後で苦労することになりかねないです。

そのため連帯保証人を頼まれたら、とりあえず断るというのが普通のことです。子供の奨学金など、よほどのことがない限りは連帯保証人になるべきではないです。

しかし恩がある人から連帯保証人を頼まれたら断れないという人もいるかと思います。

その結果として多額の借金を背負わされてしまった場合にはどうすればいいのでしょうか?

基本的に連帯保証人になって借金を背負ってしまったら逃れるすべはないです。

返済できないようなら債務整理などを利用して借金の負担を軽くするか、借金を免責してもらうという方法が考えられます。

収入が少なくて、持ち家などの資産がないようなら自己破産してしまったほうがいいと思います。

他人の借金をせっせと苦労して返済するのは馬鹿らしいことなので、資産がなく収入がないようなら自己破産を弁護士に相談するといいと考えます。鬱病で働けない場合の債務整理による借金問題解決方法

連帯保証人による借金の返済方法とは